'."\n";?> ニックスvsウォリアーズ /NBAマニアの戯言:NBA選手等、バスケットボールの話題

Top >  NBA2008-2009シーズン >  ニックスvsウォリアーズ

[2008年11月30日UP!]

ニックスvsウォリアーズ



ランキング上位を目指してみたい…ってことで、

ワンクリック、ご協力ください☆(1日1回有効)


リーグ屈指のオフェンス志向チーム同士の対決となりました。

ニックスvsウォリアーズ、つまりマイク・ダントーニvsドン・ネルソンです。

この二人が率いるチーム同士の対戦は走り合いになること請け合いです。


実際、その期待を裏切ることのない激しい点の獲り合いとなりました。

この試合、目立ったのはマーブリーを追いやってスターターの座を掴んだ

ニックスの司令塔デュホンです。

なんとチーム記録の22アシストを荒稼ぎ。

彼の好プレーに引っ張られたデビッド・リーも37得点21リバウンド、

アル・ハリントンが36得点12リバウンドをマークしました。

エースだったザック・ランドルフを放出し、

走力のないエディ・カリーをベンチに据え置いているニックス。

フロントコートのテコ入れが上手く機能しているようですね。

ニックスはなんと前半だけで82点を挙げ、チーム記録を更新しました。

ウォリアーズは得意のランニングゲームで敗れ、

この試合は新生ニックスのお披露目の機会となってしまいました。

名将ドン・ネルソンにとって屈辱の結果と言っていいでしょう。


この勝利でニックスは8勝8敗の勝率5割となり、近年稀に見る好スタートを切っています。

一方のウォリアーズは5勝12敗、やはり次期エース候補のモンテ・エリスの欠場が痛いですね。

チーム内の雰囲気も良くないようですし、

数年前のライジングチームは今や崩壊の危機も噂されています。

フロントがどう立て直すか見物ですね。




 僕も、NBAのDVDを無料で借りまくってみました! 体験記は、こちら☆

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.1-stweb.com/mt/mt-tb.cgi/334

コメントを投稿(大歓迎♪)

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

関連エントリー

J・リチャードソン移籍 ブレイザーズvsウィザーズ ニックスvsウォリアーズ プレーヤー・オブ・ザ・ウィーク 第4週 ニックス、大型トレード スパーズvsクリッパーズ レイカーズvsマブス AI効果、ついに発動? 古豪復活なるか? マブスvsスパーズ クリッパーズvsナゲッツ サンズvsホーネッツ


シーズン中につき、
2~3日ごとに更新中...


Total
Today
Yesterday



自己紹介

    [名前] Tomohito と、
    愉快な仲間たち
    [年齢] 21歳
    [職業] 都内の大学に通う学生

    管理人へのメール



【PR】 / Yahoo!JAPAN / Google

dummy dummy dummy