'."\n";?> ジノビリの苦悩 /NBAマニアの戯言:NBA選手等、バスケットボールの話題

Top >  NBA2007-2008プレーオフ >  ジノビリの苦悩

[2008年06月05日UP!]

ジノビリの苦悩



ランキング上位を目指してみたい…ってことで、

ワンクリック、ご協力ください☆(1日1回有効)


連覇を狙った今シーズン、

惜しくもカンファレンス・ファイナルでレイカーズに敗れたスパーズ。

そのビッグ3の一角であるジノビリが、

その敗戦に責任を感じているとのコメントを残しています。


今季はベンチからの出場が主だったのにも関らず、

平均19.5得点を記録していたジノビリ。

その活躍が認められて、シックスマン・オブ・ザ・イヤーも受賞しました。

どのチームでもスターターを務められるだけの実力を持つ彼は、

今やスパーズに欠かせない起爆剤です。

しかし対レイカーズのシリーズでは平均12.6得点と、低調な出来でした。

と言うのも、足の故障に加えて疲労困憊の状態だったとのこと。


カンファレンス・セミファイナルのホーネッツ戦が厳しかっただけに、

レイカーズ戦に余力を残すことが出来なかったようですね。

その影響もあってか、スパーズは1勝4敗で早々と敗退してしまいました。

彼自身が認めるように、

ジノビリの不調が敗退の要因であることは間違いないと思います。

しかし、裏を返せばそれだけ彼が重要なファクターだということです。

来季もロスターをいじることなく、優勝を目指したいと語っていますが、

それが可能になるかどうかは、ジノビリ次第でしょう。

長らくダンカンがエースとしてチームを支えてきましたが、

そろそろジノビリやパーカーの若い二人が目立ってくるかもしれません。

今はゆっくり休んで、来季に挑んでもらいたいものですね。




 僕も、NBAのDVDを無料で借りまくってみました! 体験記は、こちら☆

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.1-stweb.com/mt/mt-tb.cgi/319

コメントを投稿(大歓迎♪)

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

関連エントリー

ファイナル・ゲーム5 ファイナル・ゲーム3 ファイナル・ゲーム1 ジノビリの苦悩 ウエストを制したのは… セルティックスvsピストンズ第4戦 ウエスト・カンファレンスファイナル C・ファイナル進出したのは スパーズvsホーネッツ PO混戦中 ピストンズ、王手をかける ホーネッツvsスパーズ 両監督、明暗分かれる MIP発表 レイカーズvsナゲッツ セルティックス、連勝


シーズン中につき、
2~3日ごとに更新中...


Total
Today
Yesterday



自己紹介

    [名前] Tomohito と、
    愉快な仲間たち
    [年齢] 21歳
    [職業] 都内の大学に通う学生

    管理人へのメール



【PR】 / Yahoo!JAPAN / Google

dummy dummy dummy