'."\n";?> ウエストを制したのは… /NBAマニアの戯言:NBA選手等、バスケットボールの話題

Top >  NBA2007-2008プレーオフ >  ウエストを制したのは…

[2008年05月30日UP!]

ウエストを制したのは…



ランキング上位を目指してみたい…ってことで、

ワンクリック、ご協力ください☆(1日1回有効)


連覇を狙うスパーズか、MVPコービー擁するレイカーズか。

いよいよウエストのファイナル進出チームが決まりました。


敵地で落とせない試合に臨んだスパーズは、試合開始から飛ばします。

小気味良く得点を重ねていくスパーズは、第1Qで15対28と2桁リードを築きます。

第2Qは一転、レイカーズのスコアリングランで6点差に詰め寄ります。

レイカーズはコービーはもちろんですが、

今季はベンチの若手が成長しましたね。

ブヤチッチやファーマーら活きのいいシューターが揃っています。

カンファレンス・ファイナルという大舞台で、

物怖じせずにプレーする彼らは、これからのチームを支える選手となりそうです。

後半は完全にレイカーズのペースで進みます。

お馴染みのジャック・ニコルソンやジュリア・ロバーツら、

セレブが見守る中で、コービーが爆発しました。

ホームの大歓声もあり、ゾーンに入ったコービーは止まりません。

次々とジャンパーを決め、39得点をマークしました。

ラマー・オドムが13得点、8リバウンド、

パウ・ガソルも12得点、19リバウンド、4ブロックとコービーに続きます。

一方のスパーズは、

ダンカンが19得点、15リバウンド、10アシストのトリプルダブル。

トニー・パーカーも23得点をあげますが、ジノビリの不調が効きましたね。

変幻自在のドリブルを魅せるジノビリですが、

脚の負傷で精彩を欠き、1桁得点に留まりました。


結局、92対100でレイカーズが4年ぶりのファイナル進出を決めました。

スパーズの連覇はまたもお預けです。

このシリーズで改めて、ジノビリの重要性が浮き彫りになりましたね。

レイカーズにもセルティックスにもビッグ3に値する選手達がいますが、

ビッグ3の一角を欠いたスパーズは案の定、苦戦しました。

また試合後、両チームの選手が抱擁を交わしていたのは、微笑ましかったですね。

お互いライバルとしてしのぎを削ってきましたが、

試合が終わればいいライバルなようです。

今季の西地区は非常にハイレベルだったので、

彼らの代表としてレイカーズには頑張ってもらいたいです。

スパーズの選手達も同じ気持ちだったのではないでしょうか。




 僕も、NBAのDVDを無料で借りまくってみました! 体験記は、こちら☆

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.1-stweb.com/mt/mt-tb.cgi/318

コメント

こんなにあっさりスパーズがシリーズを落としたのってシャック時代にスイープされた時以来ですよね。
もし東がセルティックスだと黄金カード実現ですね。
前年度がプレイオフファーストラウンド敗退チームと不出場のチームの対戦というのは歴史上であったのかが気になりますが。
最後におめでとうございます^^
個人的にはファーマーが好きになったシリーズでした。

コメントを投稿(大歓迎♪)

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

関連エントリー

ファイナル・ゲーム5 ファイナル・ゲーム3 ファイナル・ゲーム1 ジノビリの苦悩 ウエストを制したのは… セルティックスvsピストンズ第4戦 ウエスト・カンファレンスファイナル C・ファイナル進出したのは スパーズvsホーネッツ PO混戦中 ピストンズ、王手をかける ホーネッツvsスパーズ 両監督、明暗分かれる MIP発表 レイカーズvsナゲッツ セルティックス、連勝


シーズン中につき、
2~3日ごとに更新中...


Total
Today
Yesterday



自己紹介

    [名前] Tomohito と、
    愉快な仲間たち
    [年齢] 21歳
    [職業] 都内の大学に通う学生

    管理人へのメール



【PR】 / Yahoo!JAPAN / Google

dummy dummy dummy